転職が行いやすいsierの現状

エンジニアには、sierで働きたいと考えて転職の方法を考えることもあるだろう。
比較的転職が容易な道であり、求人情報を集めれば多くの企業からの募集を見つけられる状況がある。
依然として競争が激しい業界であり、有能なエンジニアを獲得するのに精力的になっている影響が大きい。
残業が多い影響もあって、家庭を大切にしたいと考えるライフステージに到達したエンジニアはしばしばsierからの転職を望む。

結果として、人の入れ替わりが激しくなっている職場がよく見かけられる現状があり、転職して活躍したいと考えるエンジニアにとって入り口が広くなっている。
しかし、仕事を探すことはできても採用されるかどうかとはまた別の問題がある。
大手の企業ほど実力重視での採用を行っているため、キャリアがある人材しか受け付けてくれないだろう。
斡旋を受けなければ、募集すら見つけられない企業もある。

一方、独立系のように比較的小規模な企業の場合にはポテンシャル採用をする傾向も強く、転職によってスキルアップを図りたいエンジニアにとっては選びやすいキャリアパスとなっている。
残業が多いのはどちらでも変わりはないが、募集要項に記載されている広告内容と現実が異なっている場合がしばしばあるのには注意が必要だろう。
人材が不足しているsierほど、残業が少ないという記載をしてエンジニアを獲得しようという動きがあるのも事実であり、実際の状況を把握して転職する必要がある。